一輪車大好き!

ユニサイクラー日誌

reafカッコを気にするな!?

ある程度スピードを出していればバランスを崩すことは ありません。もちろんこれはある程度乗れるようになって からの話ですが、ある程とは少なくても3メートル以下では ありません。

今回は、バランスを崩しそうになった時に、バランスを立て 直すということについて考えてみたいと思います。

なぜ3メートルでは、一輪車に乗れたことにはならないと いったのか。

それは水泳で泳げない人でも飛び込めば、3メートルくらい 進むのと同じです。

飛び込んだ勢いで進んでも、その後で息継ぎをしながら泳ぎ 続けることができて、初めて泳ぐことができたと言えるのです。

一輪車でもバランスが崩れかけたときに体勢を立て直し、さらに こぎ続けることができて初めて乗ることができたと言えるのです。

体勢を立て直すためには、両手を左右、または前後に広げて 使うことはもちろん、腰をひねったり、上体を前や後に傾けたり 体全体を使うこと。

あとスピードがゆるい時はペダルをグッとこいで一瞬加速させる ことです。

形から入ろうとすると、途中でバランスを崩したときにリカバリー できません。

子供は体全体を使って必死にバランスを取るので カッコを気にする大人よりも上達が早いのではないでしょうか。

 

>> 次へ
>> 目次に戻る

ガイド

>> 目次に戻る